ゴールデンレトリーバーとバーニーズマウンテンドッグと猫の気ままな毎日 


by julimano

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

家族

■ジュリアン(長女)
・Bernese Mountain Dog
・2002/08/17 〜2013/04/18
・クィーンオブ中年バニ女

■マノン(次女)
・Golden Retriever(先代犬)
・2003/08/19  〜2011/08/23
・天然爆走娘&小悪魔ちゃん

■ののこ ♀
・Golden Retriever(2代目)
・2011/11/26生まれ 
・ハイパー娘&柔道部女子

■たみえ ♀
・サビ猫
・2010/09/07(推定)生まれ 
・同年9/28保護されわが家へ
・張込み専門、おしゃべり猫
■じゅりまのパパ
・196*/01/25生まれ♂
・A型

■じゅりまの(本人)
・19**/05/24生まれ♀
・AB型


お問い合わせ

じゅりまのへのメールはこちら
hacomsm★excite.co.jp
★を@に変換してください^^

ランキング

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

ペットブログランキング

アクセスカウンター

カテゴリ

日常のひとりごと
ジュリアン&マノン
ジュリアン たみえ
ジュリアン&ののこ
ののこ&たみえ
ジュリアン
ののこ
たみえ
マノン
おでかけ
レザークラフト(ハンドメイド)
グルメ
写真館
地元【群馬】ねた

最新の記事

あれから5年
at 2016-08-23 18:00
4年
at 2015-08-23 20:36
マノンの命日
at 2014-08-23 19:56
ジュリアン 1周忌
at 2014-04-18 16:40
新しいブログを作りました
at 2013-08-02 15:37

以前の記事

2016年 08月
2015年 08月
2014年 08月
2014年 04月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

お気に入りブログ

夜明けまで
ごる・ばに わんだ~らんど
80階建てアパートの72...
写好人 Passage
burnet hillの...
Photo of the...
夢@むさしの
天声犬語2
DSLR Park
よりみちふぉと
へっぽこやもん
My name is
徒然恋日記
時間と自分と写真と
Go!Go!Bernese!
瞳のむこう
三毛金家BLOG
アグゥと歩む道
ライトニングの別部屋 弐
明日も一緒に遊ぼうよ
私のひとりごと

外部リンク

検索

ブログジャンル

犬
猫

ジュリアン 二七日 と 悲しみの五段階

ジュリアンの二七日です

死別や別離でよく聞く言葉で

「悲しみの五段階」というものがあります

1 拒否
2 怒り
3 交渉
4 落胆
5 受容

です、

マノンが亡くなった時は
調子が悪くなったと気づいてから別れまでとても短かった
闘病というより、原因すらわからず
マノンが去ってしまい
悲しみの波がどっと押し寄せて
茫然とした日が続き、毎日泣いてばかりいたように思います。


ジュリアンは肥満細胞腫という、病名もグレードも
治療方法の選択も、今後辿っていくであろう段階もわかっていました。
おそらく、余命1、2週間であろうとわかり、辛い決断をし、それより先にジュリアンは旅立った

その瞬間狂ったように泣いていた私が
お葬式のあと、悲しいのに、マノンの時のように涙が止まらないということがあまりなかった

ジュリアンの亡くなったあとこの2週間
溜めていた用事を済ませ、
ののこ 孝行!で 2度お友達とドッグランへ行き、キャンプにも行った。

その間 私自身 妙に冷静で、
友達や相方と笑って話してました。

それは2度目の死別であり、
時期もわかっていたことで覚悟もできていたからなのか
ジュリアンの”死”に対して”拒否”の段階がないのかと思っていました。


実際、心療内科で、先生にジュリアンの死の事を伝えたときも
冷静すぎる自分に驚いていました。

先生に
「この死別を乗り越え、心のケアがされるまで半年くらいはかかると思いますよ
(無理はしないこと)」
と言われたときもピンとこなかった

それがここ数日おかしいのです、

マノンの時のようにどっと悲しみの波が押し寄せてきたというより

ボディブローをくらったように
今になってじわじわと悲しみの波が押しては引いての繰り返しでくるのです
特に夜、一人の時が辛い
お風呂に入ってる時、寝る前の時間
どうしても涙が止まらない。


今まで、笑っていた自分に違和感というか
それさえも許せないと思ったり

なによりもジュリアンがいないことを拒否している自分がいます。


なぜ今?
自分でもわかりません

誰かといると泣きたい気持ちを抑えてしまうのに
一人だと抑えられないのです

平日も、用事がない限りはののこ といっぱい接してあげようと思っていて
その時は平気を装ってる

というより、ののこ に極端に依存している自分がいます。


先生には「四十九日まではなかなか気持ちは落ち着きませんよ」とも言われています

無理に逆らわないように
でも、前向きにいこうと思います


こんな変化もあります
以前、ジュリアンにはひっついていた たみえ でしたが
ののこが部屋に入ってくると、キャットタワーや食器棚の上、二階へ移動していました

それがジュリアンが病気になって少しずつ距離が縮まり

この日(4/29)
ののこがガムを咥えてソファーに飛び乗った!
直前までソファの背もたれの上でおもちゃで遊んでいたたみえは降りるに降りられず

いつもならそれでも身軽にひょいひょいと移動していたのですが

この時はガムにウキウキなののこ を じっと見つめいました

f0203423_18584815.jpg





パパブログこちら&「きょうの子牛」(旧)こちら もよろしく♪
ぽちっ♪ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ  ペットブログランキング
[PR]
by julimano | 2013-05-01 19:04 | ジュリアン