ゴールデンレトリーバーとバーニーズマウンテンドッグと猫の気ままな毎日 


by julimano

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

家族

■ジュリアン(長女)
・Bernese Mountain Dog
・2002/08/17 〜2013/04/18
・クィーンオブ中年バニ女

■マノン(次女)
・Golden Retriever(先代犬)
・2003/08/19  〜2011/08/23
・天然爆走娘&小悪魔ちゃん

■ののこ ♀
・Golden Retriever(2代目)
・2011/11/26生まれ 
・ハイパー娘&柔道部女子

■たみえ ♀
・サビ猫
・2010/09/07(推定)生まれ 
・同年9/28保護されわが家へ
・張込み専門、おしゃべり猫
■じゅりまのパパ
・196*/01/25生まれ♂
・A型

■じゅりまの(本人)
・19**/05/24生まれ♀
・AB型


お問い合わせ

じゅりまのへのメールはこちら
hacomsm★excite.co.jp
★を@に変換してください^^

ランキング

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

ペットブログランキング

アクセスカウンター

カテゴリ

日常のひとりごと
ジュリアン&マノン
ジュリアン たみえ
ジュリアン&ののこ
ののこ&たみえ
ジュリアン
ののこ
たみえ
マノン
おでかけ
レザークラフト(ハンドメイド)
グルメ
写真館
地元【群馬】ねた

最新の記事

あれから5年
at 2016-08-23 18:00
4年
at 2015-08-23 20:36
マノンの命日
at 2014-08-23 19:56
ジュリアン 1周忌
at 2014-04-18 16:40
新しいブログを作りました
at 2013-08-02 15:37

以前の記事

2016年 08月
2015年 08月
2014年 08月
2014年 04月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

お気に入りブログ

夜明けまで
ごる・ばに わんだ~らんど
80階建てアパートの72...
写好人 Passage
burnet hillの...
Photo of the...
夢@むさしの
天声犬語2
DSLR Park
よりみちふぉと
へっぽこやもん
My name is
徒然恋日記
時間と自分と写真と
Go!Go!Bernese!
瞳のむこう
三毛金家BLOG
アグゥと歩む道
ライトニングの別部屋 弐
明日も一緒に遊ぼうよ
私のひとりごと

外部リンク

検索

ブログジャンル

犬
猫

ジュリアンの検査結果と今後

まだ気持ちの整理はつかないものの
昨日よりは落ち着きました。

メールで相方に検査結果を伝えていたので
相方なりに色々調べていて、昨日今後について話し合いました。

結論から言うと
積極的な治療(抗がん剤投与)はしない。

この件は
以前から、ジュリアンやマノンがシニアになって病気になったら
色々なケースで話し合っていた事ですが
年齢からも考えて積極的な治療はしないで、
それよりも楽しく、自然な形で過ごさせたいと

ただいざ「その時」が来たら揺れたり、悩むもので
昨日は色んなグチを言って、色んな人の経験や意見を聞いたり
同じ病気、違う病名で抗がん剤をつかったわんちゃんブログを覗きに行って
考えたものでした。

それでもジュリアンの身になって考えてみたところ
病院が嫌いなジュリアン、抗がん剤投与になれば毎週1回は病院へ行き
お預けで抗がん剤を投与し検査、そしてお迎え
それだけでストレス
そんなストレスや不確かではあるけれど抗がん剤による副作用で気持ち悪くなったりするよりも

最初から決めていた「積極的な治療(抗がん剤)はしない」
となりました

これからは色々葛藤などもあるかもしれませんが
まだまだゴルバニ+にゃん生活を楽しみますよ~


一応病犬ジュリアンなんですけど、思い切り邪魔するののこ
f0203423_16261552.jpg


なんかようやくこういうツーショットがみられるようになって
嬉しく思っているので
まだまだ、こういう時間が続けばいいと思ってます

くつろいでいるのかと思えば、敷いてあるものをあむあむしはじめるののこ
f0203423_16263138.jpg


かと思ったら
f0203423_16264364.jpg


f0203423_16264176.jpg


f0203423_16265352.jpg

幸い、お笑い犬 ののこがいるおかげで
笑いが絶えません。

昨日は泣いてしまったけれど
泣いていてはジュリアンも不安になるし、ののこも困ってしまう

私がしっかりしないとね
でも大丈夫!ののこがいるから笑わせてくれます


さて、ジュリアンの検査結果です

これは今回の手術で取ったイボの痕
昨日病院に行く前、膿のようなものがでてしまい
診てもらったのです
f0203423_16263137.jpg


術痕の切り口?が開いたまま塞がってないようです。
塗り薬をもらってきました。

検査結果です。
(長いので面倒な人はスルーしてね)

検査材料:皮膚腫瘤
(首の下のでかいおでき、背中のおでき、鼻のイボ)

診断名 頚部:肥満細胞腫グレードⅢ
肩甲部:皮内角化上皮腫、 鼻部:良性メラノーマ

組織所見
頚部腫瘤は円形細胞の腫瘍性増殖からなります。腫瘍細胞は不明瞭な顆粒状の細胞質を有しています。
腫瘍細胞の異型性は中程度からやや強く、核分裂像が中程度からやや多く認められます。核分裂指数
(10視野合計)は24です。腫瘍細胞の密度は中程度からやや密です。腫瘤内には好酸球の浸潤も認められます。本標本上、マージン(-)であり、脈管内浸潤も認められません。
肩甲部腫瘤は毛包漏斗部に類似する重層扁平上皮の腫瘍性増殖からなります。
腫瘍細胞は小葉構造や微小嚢胞を形成しながらこれを内張りするように増殖しています。
腫瘍細胞は異型性軽度であり核分裂像も少数です。嚢胞内には腫瘍細胞の角化物が充満しています。
腫瘍組織の崩壊に伴う二次的な炎症が生じています。腫瘍組織の境界は明瞭です。
本標本上マージン(-)であり脈管内浸潤も確認されません。
鼻部腫瘤は非上皮性細胞の腫瘍性増殖からなります。腫瘍細胞の異型性は比較的軽度であり、
核分裂度はほとんど認められません。
核分裂指数(10視野平均)は0.0/強拡大視野です。腫瘍細胞は類円形や多形成を呈し、不規則かつ
充実性に増殖しています。腫瘍細胞は細胞質に豊富なメラニン色素を有しています。
上皮内増殖巣も認められます。
横方向のマージンがやや(+)です。本標本上、脈管内浸潤は認められません。

コメント
頚部腫瘤では腫瘍細胞の細胞質にアストラブルーで染色される細胞質内顆粒が認められ
肥満細胞由来と判断されます。イヌの肥満細胞腫はすべて悪性腫瘍として扱われます。
再発、転移(所属リンパ節、肝臓、脾臓、バフィーコートなど)に関する厳重な経過観察が必要です。
化膿であれば追加の外科的対処は考えられます。
グレードⅢの1500日生存率は6%です。核分裂指数が5を超えると予後が悪い傾向があるとされており、
本例は24です。
皮内角化上皮腫は毛包漏斗部に由来する良性腫瘍です。マージンも(-)であり、これに関しては問題ありません。この腫瘍は時に多発することもあります。
鼻部腫瘤はメラニン細胞に由来する腫瘍性病変であり、良性に分類されます。
再発に関する経過観察が必要です。


*******


以上が所見でした、

ジュリアンの場合、最初は細胞診で悪いものがみられず経過観察をしたとこと
大きくなりすぎたので悪性ではないかもしれないから切除しよう!と手術で
おできを取ったので

先生曰く「この部分に関しては完全切除した」ということですが
肥満細胞腫と知って患部を全摘したわけではなく
また肥満細胞腫というものは根っこが深く
それが転移したしするわけで、今は全部取ったと思ってもそうでない場合もあるので

積極的治療はしないにしても今後定期検査を受ける予定です。

現状ジュリアンはとても元気で食欲もある。
またコメントにもあるようにグレードⅢの1500日(4年と40日)の生存率6%ですが
4年といえば14才。病気じゃなくても無理かも^^;
だったら好きなようにストレスなく暮らしをさせてあげたいなと^^

食欲はあるけれど現在ジュリアンの体重は28.2kg
今の病院で初診時30kg多い時でも32kgあった。
足腰の負担を考えてダイエットさせていたのですが、

先生曰く「足腰を考える以前に、病気と闘う体作り!
病気に体力を奪われないように、少し多い目のごはんをあげて
30kgには戻しましょう」とのこと

体に悪くなければ好きな物、リンゴやいちごなどを与えて体重を戻す!
今一番の課題です^^


長々とおつきあいいただきありがとうございます
まだ普通に元気なジュリアンなので闘病という感じがしませんが

頑張っていきたいと思います。

人間でも辛いという抗がん剤治療
人間と犬は違うけれど、
人間は辛いこと、やめたいこと自分の意見はいえても
ジュリアンには発言権がない(というかわからない)
だから人間でも辛いものをジュリアンにはさせたくないなと思うのが私の思い。

自分勝手な思い、おしつけかもしれないけれど
悔いのない犬生を最後までおくらせてあげたいです

マノン、寂しいかもしれないけれど、お願いだからまだお空にジュリアンを呼ばないでね



パパブログこちら&「きょうの子牛」(旧)こちら もよろしく♪
ぽちっ♪ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ  ペットブログランキング
[PR]
by julimano | 2012-12-04 17:21 | ジュリアン