バーニーズ&G・レトリーバー、たみえ(猫)とのきままな毎日


by julimano

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

家族

■ジュリアン(長女)
・Bernese Mountain Dog
・2002/08/17 ~2013/04/18
・クィーンオブ中年バニ女

■マノン(次女)
・Golden Retriever(先代犬)
・2003/08/19  ~2011/08/23
・天然爆走娘&小悪魔ちゃん

■ののこ ♀
・Golden Retriever(2代目)
・2011/11/26生まれ 
・ハイパー娘&柔道部女子

■たみえ ♀
・サビ猫
・2010/09/07(推定)生まれ 
・同年9/28保護されわが家へ
・張込み専門、おしゃべり猫
■じゅりまのパパ(mikekinya)
・196*/01/25生まれ♂
・A型
・バイカー

■じゅりまの(本人)
・19**/05/24生まれ♀
・AB型
・親ばか全開!人生色々修行中


お問い合わせ

じゅりまのへのメールはこちら
hacomsm★excite.co.jp
★を@に変換してください^^

ランキング

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

ペットブログランキング

アクセスカウンター

カテゴリ

日常のひとりごと
ジュリアン&マノン
ジュリアン たみえ
ジュリアン&ののこ
ののこ&たみえ
ジュリアン
ののこ
たみえ
マノン
おでかけ
レザークラフト(ハンドメイド)
グルメ
写真館
地元【群馬】ねた

以前の記事

2016年 08月
2015年 08月
2014年 08月
2014年 04月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

最新のトラックバック

お気に入りブログ

夜明けまで
ごる・ばに わんだ~らんど
80階建てアパートの72...
写好人 Passage
burnet hillの...
Photo of the...
夢@むさしの
天声犬語2
DSLR Park
よりみちふぉと
へっぽこやもん
My name is
徒然恋日記
時間と自分と写真と
Go!Go!Bernese!
瞳のむこう
三毛金家BLOG
アグゥと歩む道
ライトニングの別部屋 弐
明日も一緒に遊ぼうよ
私のひとりごと

外部リンク

検索

タグ

shinobi

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

犬
猫

画像一覧

ジュリアン検査結果と 足の状態経過

2012/5/14
術後の状態チェックに行ってきました、
検査結果がでていたのでそれも聞いてきました

結果、足の指間、リンパ節反応性過形成は良性。

問題は、ついでに取ってもらった口唇部腫瘤はメラノーマだった

メラノーマと聞くとそれだけで悪性腫瘍と思いがちだけど
ネットで調べてみた。詳しくは→こちら

組織検査結果は下部に掲載します

気になっていた足の指の間、悪ければ指切断かも!と言われていたのに
悪性ではなかった、一度できてしまったものなので消えてなくなるというものではないけれど
気にするほどではないらしい。実際少しずつ腫れもひいている気がします。
皮膚の炎症が気になる程度

予想外だった口唇部腫瘤。
単にイボだね!と思っていたのがメラノーマという判断にちょっと動揺。
同じものができたわんちゃんの状態をチェックしたところ64頭いる中で
悪性となりガンになった子は3頭。
ジュリアンがその3頭に当てはまるか、61頭の方で済むかは今の段階で判断できず
今後経過を見せたり、半年に一度診断していき状態をみていきましょうと。

絶対癌にさせたくないというのなら、ゆるい抗がん剤を投与していけば防げるかもしれない

癌にはなってほしくはないけれど、まだ健康であるうちに
どういう副作用がでるのかわからない抗がん剤を投与する必要性はないと我が家では考える。
ジュリアンがゆるやかでも楽しく過ごせる犬生であればいいのだ。
これが我が家の決断です。


(5/14撮影 足裏の術痕の状態)
f0203423_1546376.jpg

(5/14撮影 足裏の術痕の状態)
f0203423_15461750.jpg

before 5/14 ずっと包帯を巻いていてしょう液でベタベタで 皮膚炎を起こしていた。
f0203423_15462440.jpg

after 5/17 乾いて随分マシになってる。
f0203423_15463797.jpg


病院で、皮膚炎を起こしているので絶対舐めさせないように
靴下をはかせてください と
最近は脱ぎ方を心得ててすぐに脱いでしまう
コンビニ袋は風通しが悪く皮膚が乾かないのでNG
苦肉の策で靴下の上からパンストをはかせてみた。
f0203423_15465777.jpg


胸の傷口を隠すようにジャージを着せてみた。
それだけじゃダメなので金太郎も着せた
さらにパンスト 
f0203423_15464680.jpg


病理組織検査報告書(長いので興味のない方はスルーしてね)

組織所見
・口唇腫瘤は非上皮性細胞の腫瘍性増殖からなります。腫瘍細胞の異型性は比較的軽度であり、
核分裂像は少数です。核分裂指数(10視野平均)は0.1強拡大視野です。
腫瘍細胞は多形性を呈し、細胞質に豊富なメラニン顆粒を有しています。腫瘍細胞不規則かつ充実性に
増殖しています。粘膜上皮内増殖巣も認められます。
本標本上、マージン(-)であり脈管内浸潤も認められません。
・指部組織はいずれも線維組織の増生や新生血管からなります①では表皮は欠損しており
好中球やリンパ球、形質細胞がやや多く浸潤しています。
②では表皮はアカントーシスや正常角化性過角化症により肥厚しており、
真皮にはリンパ球や形質細胞が軽度に浸潤しています。いずれも皮膚付属器(毛包、皮脂腺、汗腺)が
大型化しています。
・浅頚リンパ節ではリンパ濾胞が大型化しており、胚中心の形成を伴っています。
傍皮質領域が拡大しており、りんぱ濾胞をやや圧迫しています。リンパ洞にはマクロファージが
中程度浸潤しています。
髄索では形質細胞軽度に増生しています、本標本上、腫瘍細胞の転移病巣は確認されません。

コメント
・口唇部腫瘤はメラニン細胞に由来する腫瘍性病変です。
本標本上に形態学的悪性所見は認められません。しかしながら口唇部や口腔内のメラノーマは
組織学的に悪性所見がみとめられない症例でも、臨床的に悪性の挙動を示すことがあるようです。

組織的学的に悪性所見の認められないメラノーマで悪性の挙動を示した症例は5%とされています。
再発、転移に関する経過観察が必要です。

・指部では表皮欠損に対する慢性化膿性炎症、および肉芽組織の形成からなります。
大型化した付属器が認められますので、一時的病変として線維付属器異形成症などが
存在するかもしれません。線維付属器異形成症は慢性刺激、慢性炎症、突発性に生じる付属器や
線維の過形成性腫瘤病変です。

・浅頚リンパ節は反応性過形成を起こしています。傍皮質領域(T cell領域)の拡大が
B cell 領域の拡大に比してややアンバランスに大きく、一応は高文化型リンパ種の初期病変が
重なっている可能性に関しても考慮して、抹血やリンパ組織のチェックをしておくことをお勧めします
(強く示唆するわけでなく気になるというレベルです)

以上

パパブログこちら&「きょうの子牛」(旧)こちら もよろしく♪
ぽちっ♪ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ  ペットブログランキング
[PR]
by julimano | 2012-05-17 16:49 | ジュリアン